Skip to content

作者別: 運営者

販促品とノベルティグッズはなにがちがう?

握手販促品と似た意味として使われるのがノベルティグッズです。しかし定期的に言うとこれが二つには大きな違いがあります。販促品はポスターやチラシと言った実用品としては使えないものも含まれるのに対し、ノベルティグッズの場合には実用品として使えるもののみが該当します。そのため販促品というカテゴリーにおいてはよりたくさんの選択肢を設けることができますが、ノベルティグッズとなると実用品に限る選択肢となるのです。

そのため単純に販促品を作るという場合には、実用品としては使えないものにも及ぶたくさんの選択肢が広がる理由ですので、販促品作成会社に依頼する際にもより利益につながりやすい形式での販促は何なのかという点を十分に打ち合わせすることを忘れないようにしましょう。また販促品の場合にはターゲットとなる過程にポスティングをするということも効果的です。そのような場合にはプロの業者にポスティングを依頼することもあるでしょう。

そのため販促品を作成するための予算の中に、そのようなポスティング業者へ依頼するための分も忘れずに含めることが必要です。また販促品には男性をターゲットにするのか女性をターゲットにするのかで人気が開かれるものもありますので、何をターゲットにしたいのかという点も明確にしておくべきです。

そもそも販促品とは?

ガッツポーズ販促品とはそもそも何でしょうか。その目的をはっきり理解することによって、意味のある販促品を作ることができるでしょう。まず勘違いされることとして、単なる広告と同じと考えている方もいるかもしれませんが、実際のところ販促品は広告とは異なります。

広告があくまでも情報を伝えることを目的としているのに対し、販促品は利益の獲得を大前提に行うものです。そのため販促品を作る場合ただ知ってもらうことだけを目的にするのではなく、それが確実に利益に繋がるように考えなければなりません。利益を拡大させるためにはどうしたらよいかと言うと、多くの人が欲しいと思えるような販促品を作ることはもちろんのこと、どのようなエリアにそれを配布するのか、どのような年齢層に合わせた販促品を作成するのかといった点が関係してきます。

作ることのできる販促品としてはポスターやパンフレット、うちわやクリアファイル、ボールペンや付箋、また最近ではスマホ用クリーナーなども人気です。誰もが日常的に使いやすく、それでいて邪魔にならないようなものというのが人気のポイントとも言えるでしょう。どのような年齢層に訴えかけ、何をアピールしたいかという点にも配慮し効果的な販促品を作ることを心がけましょう。

販促品を作成するなら名入れは忘れずに

販促品とは一つのセールスプロモーションとしてさまざまな企業が採用している方法です。販促品を作成するにあたり、忘れてはならないのが名入れです。この名入れがなければせっかく販促品を作成してもその効果は大きく激減してしまうでしょう。名前が入っていないと認知度アップにも繋がりませんし、認知度がアップしなければ結局は売上のアップも見込むことができません。あくまで作った販促品を使ってもらうことが目的ではなく、その販促品を通して宣伝効果を上げるということが目的となるわけですので、このような非常に基本的な部分を忘れないようにしましょう。

バック会社やお店の名前が掲載されていると、販促品を使うたびにその名前を目にするのでかなりの宣伝効果が期待できます。また名前だけでなく会社でお店のロゴを入れることも効果的です。良いロゴであればそちらの方の印象が非常に強く残り、宣伝効果とした抜群と言えるでしょう。販促品はボールペンやタオル、バッグなどさまざまなものから選ぶことができますが、もしもとりあえずたくさんの人に会社を知ってほしいという場合、より効果が上がる方法をチラシ印刷業者などに相談してみると良いでしょう。無理に自分でデザインをしたり、ロゴを考えたりということをすると、依頼するための費用をセーブすることはできるかもしれませんが、必ずしも効果が期待できるものを作成できるとは限りません。デザイン制作会社や直販グッズ専門店などに問い合わせ無駄のない作成を行いましょう。

また、販促品向けの商品を販売しているサイトなども多くあります。こうした業者は商品に名入れする作業も請け負っていることが多いですので、同時進行で作成するのも1つの方法といえます。

参考・・・名入れの販促品販売≪SWEET PROMOTION≫